Copyright © Takashi Yonezawa Architects All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
Project

福田邸

岐阜県関市、山あいののどかな地域に計画された住宅。
大きな屋根を持つ軸組みの家と白い矩形のミニマルな家、2つの性質の異なる空間が同時に存在し、互いにパラサイトしあい、共犯関係を結ぶことによりひとつの建築として昇華する。
住人は各々生活のリズムが異なり、一人になりたいときもある。けれども、常に家族で共にあることを感じていたい。
生活像の間に生じる矛盾を建築化できないか。
大きな屋根で覆われ一体感を形成しながらも、軸組によって身体スケールに空間を分節し、木々に囲まれた、森の中のような場をつくる。あるいは大屋根の覆いを突き抜けるように個室を確保し、止まり木のような空間をつくる。
矛盾から空間を立ち上げ、互いが互いにパラサイトし合いひとつの建築を成す。
伝統的な民家のような建築と白いミニマルな近代建築、2 つの空間性の間で過渡期性を伴い、多義的な場が生まれる。

所在地/ 

岐阜県関市

 

主要用途/ 

専用住宅

 

延床面積/ 

109.10 ㎡

photo by Satoshi Sigeta