「新建築住宅特集2020年6月号」掲載いただきました

May 31, 2020

本日発売の「新建築住宅特集2020年6月号」に、私どもが設計・監理した「斜め格子の農家住宅」が掲載されました。 築150年の農家住宅のリノベーションです。 ご高覧いただけましたら幸いです。

 

合わせて動画もご覧いただけます。 

https://www.youtube.com/watch?v=UfojfAfkRGc&utm_source=%E6%96%B0%E5%BB%BA%E7%AF%89%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3&utm_campaign=4bae2e74c8-_JA2016_%282%29_3_10_2016_COPY_01&utm_medium=email&utm_term=0_315fddb427-4bae2e74c8-321703221&ct=t%28_JT2016_%282%29_3_10_2016_COPY_01%29

複製 - 海の家、庭の家、太陽の塔

May 28, 2019

中国の動画メディア・一条に私どもが設計、監理いたしました「海の家、庭の家、太陽の塔」を紹介いただいております。

住人のライフスタイルと建築の関係がよく伝わるものになっているのではないかと思います。
ご高覧いただけましたら幸いです。

https://www.youtube.com/watch?v=Xp7FOMY4Gmw

複製 - 「Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2018年12月号」掲載いただきました

November 08, 2018

本日発売のCasa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2018年12月号で「五十嵐太郎さん、注目の若手建築家を教えて! 」に、米澤をとりあげていただいております。
ご高覧いただけましたら幸いです。

 

https://magazineworld.jp/books/digital/?8387CS1812A000000000

海の家、庭の家、太陽の塔 内覧会のお知らせ

April 28, 2018

この度、私どもが設計監理しておりました住宅が完成いたしました。

お施主様のご厚意により、内覧会を開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。

是非足を運んでいただき、ご感想をお聞かせいただければ幸いです。

日時/2018年5月4日(金) 10:00-17:00

場所/愛知県知多市

眼前に広がる広大な海に向かって宙に浮くように突き出す海の家、庭に向かって地続きに軒と縁側を張り出す庭の家、太陽を捕まえるように上空の大空に向かってそびえ立つ太陽の塔、海と庭と太陽に向かいそのコンテクストを引き込みひねり出すようにかたちづくられた住宅建築。

海の家では絶景を望み雄大な海を背景に劇的だけれどもおおらかな空気感に、庭の家では庭と一体になりひっそりと落ち着いた空気感に、太陽の塔では上方から太陽光が降り注ぎそれに向かい上昇し高揚感のある空気感に包まれる。さらに、海の家にはバルコニー、庭の家には縁側、太陽の塔には屋上がその先端に存在し、建築空間と周辺環境を繋ぐ。住人はその時々のふるまいや感情に合わせて空間を行き来し、豊かな周辺環境とともに生活を繰り広げる。

 

<概要>

設計監理/米澤隆建築設計事務所(米澤隆、福島英和)

設計協力/米ゼミ(杉山弓香、平林永里加、松岡竜生、棚橋由紀子、鎌内咲甫)

構造設計/藤尾建築構造設計事務所(藤尾篤、熊谷真伍)

施  工/サイトウホーム株式会社

主要用途/専用住宅

主体構造/木造

家族構成/夫婦+子供2人

敷地面積/134.58㎡

建築面積/49.79㎡

延床面積/66.26㎡

 

<連絡事項>

お越しいただける場合は、contactから「お名前、電話番号、所属」を明記の上、事前にご連絡ください。折り返し案内図を送付させていただきます。

※設備機器の使用はご遠慮ください。

※事前予約のない方のご来場は、お断りさせていただきます。

オハドコの家 内覧会のお知らせ

April 21, 2018

この度、私どもが設計監理しておりました住宅が完成いたしました。

お施主様のご厚意により、内覧会を開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。

是非足を運んでいただき、ご感想をお聞かせいただければ幸いです。

 

日時/2018年4月28日(土) 11:00-17:00

場所/静岡市

母体となる「オモヤ」、独立性を有する「ハナレ」、リニアに通り抜ける「土間チューブ」、浮遊する「白の小屋」、4つの建築からなる家。

「オモヤ」が断面的な繋がりを、「土間チューブ」が平面的な繋がりをつくりだし、「ハナレ」が縁側を、「白の小屋」が軒下空間を中間領域として提供する。

その場のコンテクストやふるまいから創出された固有のキャラクターをもつ4つの建築がパラレルに存在しつつも、それぞれの空間的特性によりパラサイトし合い建築群としての家をつくる。

住人は、各々、その時々の感情やふるまいに合わせて4つの建築空間を行き来し、ゆるやかに繋がりをもちつつも同時多発的に個々の物語を繰り広げる。

 

 

<概要>

設計監理/米澤隆建築設計事務所(米澤隆、陣昂太郎)

設計協力/米ゼミ(杉岡敬幸、田中匠哉、松岡弘樹、

村越勇人、國清尚之、太田将司)

構造設計/藤尾建築構造設計事務所(藤尾篤、田中理紗子)

施  工/桑高建設株式会社

主要用途/専用住宅

主体構造/木造

家族構成/夫婦+子供2人

 

敷地面積/188.29㎡

建築面積/94.82㎡

延床面積/110.9㎡

<連絡事項>

お越しいただける場合は、contactから「お名前、電話番号、所属」を明記の上、事前にご連絡ください。折り返し案内図を送付させていただきます。

※設備機器の使用はご遠慮ください。

※事前予約のない方のご来場は、お断りさせていただきます。

キルコス国際建築設計コンペティション2017 最終審査会

March 23, 2018

明日3月25日(日)「キルコス国際建築設計コンペティション2017」の最終審査会・授賞式・懇親会が開催されます。
米澤も審査員として登壇させていただきます。


「明 / 暗」という建築における根源的テーマに対して応募された多数の建築案を巡り、審査、講評、全体討議が繰り広げられます。
とても面白いものになるのではないかと思います。


合わせて3月24日から3月31日まで展覧会も開催されています。
ぜひ、いらっしゃってください。

最終審査会・授賞式・懇親会
 日時:  2018年3月25日 (日)10:00~18:00      
 場所:  トヨタホーム本社セミナールーム
      愛知県名古屋市東区泉1-23-22
 講師:  20組のコンペティション審査員
 テーマ: 明 / 暗 Express the Timeless Contrast of Light and Shadow
 参加費: 無料
 備考:  どなたでも聴講いただけます

展覧会
 開催期間:2018年3月24日(土)~3月31日 (土)10:00~18:00
 場所:  トヨタホーム本社セミナールーム
      愛知県名古屋市東区泉1-23-22
 入場:  無料
 備考:  どなたでも来場いただけます

http://www.circos.jp/index_j.html

木曽岬わいわい市場みらい会議に登壇致します。

February 22, 2018

2018/2/25に木曽岬わいわい市場みらい会議に登壇致します。

申し込み不要、参加無料ですので、皆様お誘いあわせの上ぜひお越しください。

日時:2018年2月25日 13:00-16:00

​場所:木曽岬町役場 4階会議室

​問い合わせ:木曽岬町役場 総務政策課

U-30設計競技 「多様な光のあるガラス建築」の公開審査

December 28, 2017

architecturephotoにて、数年前に行った第23回 AGC studioデザインフォーラム U-30設計競技 「多様な光のあるガラス建築」 公開審査の内容を取り上げていただいています。

http://architecturephoto.net/65848/

AGCのサイトに掲載いただいた内容は以下から直接ご覧いただけます。

https://www.agcstudio.jp/report/1364

キルコス国際建築設計コンペティション2017 建築系ラジオから配信開始

December 23, 2017

審査員を務めさせていただきましたキルコス国際建築設計コンペティション2017の審査講評が建築系ラジオから配信されました。


応募総数300を超える作品の1作品1作品を丁寧に読み込み、厳正なる審査にあたらせていただきました。
よかったらお聞きください。

http://architectural-radio.net/archives/171225-13727.html

一次審査を通過したみなさん、おめでとうございます。
最終審査会でお会いできることを楽しみにしています。

みなとまち空き家プラクティス『水野雄太×小前奏人コンサートin旧・喫茶店千代田』特別公演のお知らせ

December 04, 2017

アッセンブリッジ・ナゴヤ2017関連イベント


みなとまち空き家プラクティス『水野雄太×小前奏人コンサートin旧・喫茶店千代田』特別公演が12月10日(日)17:00から開催されます。


旧・喫茶店千代田を舞台としたサクソフォン奏者水野雄太と、作曲家小前奏人による特別コンサートです。
数年間空き家となっていた、かつて名古屋港で人気を誇ったモダンな喫茶店が一夜限りのコンサート会場として生まれ変わります。
みなとまち空き家プロジェクトの実践編「みなとまち空き家プラクティス」と銘打った、空き家として眠ってしまっていた素敵な喫茶空間の利活用の実験的試みでもあります。
コンサートと合わせて開催されますトークイベントには米澤も登壇させていただきます。
お時間がございましたら、ぜひいらっしゃってください。

日時|12.10(日)17:00–18:00
会場|旧・喫茶店千代田(港区入船2丁目2-22)
プログラム|
バッハ:チェロ組曲第1番よりアルマンド、メヌエット
メンケン:パート・オブ・ユア・ワールド 
ポール・デスモンド:テイクファイブ
アメイジング・グレイス(小前奏人編)
出演|水野雄太、小前奏人
料金|無料(予約不要)

みなとまち空き家スクール『みなとまちを知ろう』座談会開催のお知らせ

December 04, 2017

アッセンブリッジ・ナゴヤ2017関連イベント 


みなとまち空き家スクール『みなとまちを知ろう』座談会が12月9日(土)17:30から開催されます。 


港まちづくり協議会事務局次長の古橋敬一さん、港まちにお住いの方々をゲストとしてお招きし、米澤と東海エリアで建築を学ぶ有志の学生(NAGOYA Archi Fes 2018)が聞き役となり、港まちについて、空き家について、まちづくりについて座談会形式で語り合います。


会場は、みなとまち空き家プロジェクトが拠点としている旧・喫茶店千代田です。当時、名古屋港で人気を誇ったレトロモダンな喫茶店建築、その昭和の喫茶店文化を色濃く表した独特な世界観も合わせてお楽しみください。
お時間がございましたら、ぜひいらっしゃってください。

日時|12.9(土)17:30–19:00
会場|旧・喫茶店千代田 (港区入船2丁目2-22)
出演|古橋敬一(港まちづくり協議会 事務局次長)、港まちにお住いの方々、米澤隆(建築家)、東海エリアで建築を学ぶ有志の学生(NAGOYA Archi Fes 2018)
料金|無料(予約不要)

- 斜め格子の農家住宅 -築150年の古民家の再生- 内覧会のお知らせ

November 19, 2017

この度、私どもが設計監理しておりました住宅「斜め格子の農家住宅 -築150年の古民家の再生-」が完成いたしました。
お施主様のご厚意により、内覧会を開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
是非足をお運びいただき、ご感想をお聞かせいただければ幸いです。

日時:2017年11月26日(日)10:00-17:00

場所:大阪府高槻市

<連絡事項>
□お越しいただける場合は、contactから「お名前、電話番号、所属」を明記の上、事前にご連絡ください。折り返し案内図を送付させていただきます。
※事前予約のない方のご来場は、お断りさせていただきます。
□ 設備機器の使用はご遠慮ください。

​<概要>

大阪府高槻市に150年以上もの間、建ち続けている民家がある。
明治から昭和初期にかけては、主に米作を営む農家住宅であった。
戦後、住人は都市に職をもち第2種兼業農家となる。
社会の変化、生活の変化に伴い、職住分離、食寝分離、公と私の分離が推進され、いわゆるnLDK型住宅へと変貌する。建築は、用途に応じ内壁により細分化され、日照や通風の確保も難しくなっていた。
そこで、本来の農家住宅がもっていたフレキシビリティ、周辺環境とのグラデーショナルなつながりを取り戻すべく、空間を細分化させている内壁を取り払い、開閉可能な建具により分節される田の字プランと外周に走る縁側、通り土間により建築を再構成する。
その反面、内壁がなくなることによって、構造耐力を減少させてしまうことに対して、建築の外周を取り囲むように筋交い状の斜材を縦格子のように幾重にも並べ立てることで十分な強度を確保する。斜め格子は建築空間を耐力壁という考えから解放することによりフレキシブルにし、周辺環境とゆるやかに繋ぎ、加えて、古来から存在していたかのような民家に馴染んだ意匠性も伴う。
この建築が経た150年の歴史的変遷の流れをうけとめ、その中で蓄えた過剰な設えをそぎ落とし、農家住宅が本来もっている空間の豊かさ、生活の自由度を顕在化させ、現代的な生活像を織り込み、未来へと建物の物語を紡ぎ出していく。

 

設計監理/米澤隆建築設計事務所(米澤隆、福島英和)
                  野村直毅(竹中工務店 設計部)
設計協力/米ゼミ(市井暁、大橋怜、村越勇人、谷川浩一)
構造設計/藤尾建築構造設計事務所(藤尾篤、熊谷真伍)
施  工/株式会社 西村工務店


主要用途/専用住宅
主体構造/木造
家族構成/夫婦+子供1人

X4DESIGN2017 大同大学建築学科建築専攻/インテリアデザイン専攻 優秀作品展

October 31, 2017

X4DESIGN2017 大同大学建築学科建築専攻/インテリアデザイン専攻 優秀作品展が

今日から市民ギャラリー矢田にて開催されています。
お時間がございましたら、ぜひご高覧ください。

また、「建築バトルロイヤル」と題したイベントを11月4日(土)に開催させていただきます。
米澤が司会を務め、愛知県内の5大学の学生が各自の設計課題を持ち寄り相互講評を行い討論しあうというものです。
盛り上がること必至!お見逃しなく!

<作品展>
開催日時:10月31日(火)~11月5日(日)10:00-19:00(最終日のみ17:00まで)
場所:市民ギャラリー矢田 第1展示室(最寄り駅:地下鉄ナゴヤドーム前矢田駅)

<イベント企画 建築バトルロイヤル>
開催日時:11月4日(土)15:00-18:30
場所:市民ギャラリー矢田 第1展示室

「Casa BRUTUS特別編集 家づくりの教科書」掲載いただきました

June 28, 2017

「Casa BRUTUS特別編集 家づくりの教科書 理想の住空間のベストサンプル」に私どもが設計・監理いたしました「福田邸」を掲載いただいております。
ご高覧いただけましたら幸いです。

 

http://magazineworld.jp/books/paper/5205/

「みなとまち空き家プロジェクト」始動開始!

October 07, 2017

「みなとまち空き家プロジェクト」は、名古屋の港まちを舞台に、空き家問題、建築活動、まちづくりに取り組むプロジェクトです。
調査、研究を行う「みなとまち空き家ラボ」、教育、普及を行う「みなとまち空き家スクール」、実践する「みなとまち空き家プラクティス」から構成され、米澤隆建築設計事務所が企画・監修を行い、港まちづくり協議会とも連携をとり、中部地区で建築を学ぶ有志の学生(NAGOYA Archi Fes 2018)とともに港まちの空き家を対象に調査、企画、設計、施工を行います。
社会問題にもなっている空き家が、まちの資源となってまちに開かれ、人びとが集う新たな場所として生まれ変わります。

また、アッセンブリッジ・ナゴヤ 2017の関連プロジェクトとして、会期中、「みなとまち空き家ラボ」の拠点でもある旧・喫茶千代田を公開しながら、来場者参加型のワークショップなどを開催します。加えて、新たな場をつくるための実践として、アートや音楽のイベントを開催する予定です。

構成団体|米澤隆建築設計事務所(企画・監修) /NAGOYA Archi Fes 2018
Twitter|https://twitter.com/MAPNAF

「みなとまち空き家ラボ」公開スケジュール
10.14 (土)–12.10(日)
金曜|14:00–18:00、土曜・日曜|11:00–19:00
休場日|月曜-木曜
会場|旧・喫茶千代田
アッセンブリッジ・ナゴヤ 2017|http://assembridge.nagoya/
*イベントなど、プロジェクトの詳細は決まり次第ウェブサイトなどでお知らせします。

レクチャーイベントのお知らせ

September 06, 2017

​「建築家/米澤隆さんとのデザイナーズミーティング」と題されたレクチャーイベントがラ・カーサさん主催により開催されます。
その他オープンセミナースタイルですので、建築が好きな方、建築を学んでいる学生の皆さん、家づくりをご検討されている方などどなたでもご参加いただけます。 お時間がございましたら、ぜひいらっしゃってください。

【日時】9月14日(木) 17:30受付開始
【場所】ラ・カーサ春日井(春日井市六軒屋町3-187)
【参加費】無料 要予約
【タイムスケジュール】
18:00〜19:00…レクチャー
19:00〜20:00…懇親会
 
-ご予約方法
ラ・カーサ春日井(0120-92-8981)へお問い合わせをいただくか、下記お申し込みフォームからご予約をお願いいたします。お問い合わせ欄に参加人数を明記していただきますようご協力をお願いいたします。なお、ご予約は9月10日(日)17:00まで。

http://www.lacasa.co.jp/event/designers-meeting/

- 名古屋工業大学でレクチャーを開催いたします

August 04, 2017

2017/8/21に名古屋工業大学でNAF連続レクチャーを行います。

タイトルは「これからの建築の話をしよう」です。

学生時代から現在までの活動と今の学生たちに対してこれからの建築について考えるテーマを投げかけます。

申し込み不要、参加無料ですので、皆様お誘いあわせの上ぜひお越しください。

日時:2017年8月21日 13時受付、14時開始

​場所:名古屋工業大学 NITech Hall 2階 ラーニングコモンズ

主催:NAF 中部卒業設計展

「Tiny Homes Maximum Style」掲載いただきました

December 23, 2016

私どもが設計監理いたしました「福田邸」がスペインの出版社booq Publishingによる書籍「Tiny Homes Maximum Style」に掲載されました。

 

The book "Tiny Homes Maximum Style" where our designed "FUKUTA HOUSE" was included has just been published.

 

http://www.booqpublishing.com/

新建築住宅特集2016年10月号に、「杉戸洋 - こっぱとあまつぶ」展の展覧会レポートを執筆いたしました

September 23, 2016

新建築住宅特集2016年10月号に、豊田市美術館で開催されている「杉戸洋 - こっぱとあまつぶ」展の展覧会レポートを執筆させていただきました。
ご高覧いただけましたら幸いです。
また、展覧会は明日9月25日まで開催されております。杉戸洋、青木淳、大石雅之によるスパイダースとスタジオ・ヴェロシティの、2組の建築家とのコラボレーション展示も見所です。
ぜひ、足を運んでいただけましたらと思います。

「ちぐはぐな梁、ゆがんだ床…戦後の木造建築は再生できるのか?空き家再生スクール」掲載いただきました

September 12, 2016

今夏に開催させていただきました「空き家再生スクール」に関して、取材をしていただき、「ちぐはぐな梁、ゆがんだ床…戦後の木造建築は再生できるのか?空き家再生スクール」と題する記事としてHOME'S PRESSに掲載していただいております。
ご高覧いただけましたら幸いです。
http://www.homes.co.jp/cont/press/reform/reform_00398/

 

「空き家再生スクール」は、9月22日から港地区で開催されますアートと音楽の祭典であるアッセンブリッジ・ナゴヤ2016の関連プロジェクトとして開催させていただきました。


構造設計士、工務店(株式会社丸協)、大工(表野さんなど)、各種職人、名古屋市、港まちづくり協議会などの関係者をはじめ、築地口地域の近隣住人の皆様の多大なるご協力により無事成功させることができました。改めて感謝の意を表したいと思います。
参加者のみなさんもありがとうございました。

 

また、再生させました空き家は、9月22日から開催されます本イベントにおいて2人組のアーティスト「L PACK」による「コーヒーのある風景」というアートプロジェクトの会場となる予定です。現在、「L PACK」の2人が「空き家再生スクール」から引き継いで空間づくりを行っています。会期中には、ぜひ、足をお運びください。

 

会期中でもあります10月15日には「空き家再生スクール」報告会を開催させていただきます。合わせて、ご来場いただけましたらと思います。
http://assembridge.nagoya/1252.html

トークイベント「地域美学スタディ vol.1:批判的地域主義の現在形」開催いたします

May 19, 2016

"地域"、"まちづくり"という言葉が叫ばれている昨今、果たしてこの言葉はどのような意味をもつのだろうか?
現代において"建築"、"アート"の役割とはいかなるものか?
建築史家であり、あいちトリエンナーレ2013の芸術監督も務められた五十嵐太郎さんをゲストにお招きし、服部浩之さんとともに「批判的地域主義の現在形」と題したトークイベントを開催させていただきます。
"地域"、"まちづくり"、"コミュニティ"、"アート"、"建築"に興味がある人、ぜひいらっしゃってください!

 

日 時:2016.3.20(日)15:00 -17:00(開場14:30)
会 場:慶和幼稚園ホール
住 所:港区港栄4-4-18

ゲスト:五十嵐太郎(建築史家/東北大学大学院教授)
スピーカー:服部浩之(キュレーター/Assembridge NAGOYA 2016 ディレクター)
      米澤 隆(建築家/Assembridge NAGOYA 2016 アーキテクト)

 

http://assembridge.nagoya/cms/76.html

「空き家再生データバンク」がHOME'S PRESSに掲載いただきました

November 07, 2016

わたくしどもが取り組んでおります「空き家再生データバンク」に関して、取材をしていただきました。

「実用化が待たれる『空き家再生データバンク』。過去の事例と知恵を集約したリノベーション辞書」と題した記事としてHOME'S PRESSに掲載いただいております。
ご高覧いただけましたら幸いです。

 

http://www.homes.co.jp/cont/press/reform/reform_00422/

「キルコス国際建築設計コンペティション2015」の展覧会・記念シンポジウム・授賞式が開催いたします

May 04, 2016

審査員を務めさせていただきました「キルコス国際建築設計コンペティション2015」の展覧会・記念シンポジウム・授賞式が開催されます。
記念シンポジウム・授賞式には豪華な登壇者にまじり米澤も登壇させていただきます。
「内/外」という建築における根源的テーマを巡り、多数の応募案の中から選出された受賞作に各審査員によるショートプレゼンも加わり、議論が繰り広げられます。

 

開催期間:2016年3月5日(土)~3月13日(日)10:00~18:00
場所:トヨタホーム本社セミナールーム
    愛知県名古屋市東区泉1-23-22
入場:無料
備考:どなたでも来場いただけます

記念シンポジウム・授賞式
日時:2016年3月5日(土)14:00~17:00
場所:トヨタホーム本社セミナールーム
   愛知県名古屋市東区泉1-23-22
講師:20組のコンペティション審査員から出席いただける建築家・建築史家・構造家ほか
北川啓介
国広ジョージ
郡裕美
近藤哲雄
佐野吉彦
竹山聖
前田茂樹
安井秀夫
山下保博
吉村靖孝
米澤隆
テーマ:キルコス国際建築設計コンペティション2015を振り返る
    内/外
参加費:無料
備考:どなたでも聴講いただけます

 

詳しくはこちらhttp://www.circos.jp/

90 minutes evening lecture The Diner of Architectureレクチャー開催いたします

September 08, 2016

10月13日に大阪でレクチャーをさせていただきます。
90 minutes evening lecture The Diner of Architectureと題した、食事を楽しんでいただきながら、レクチュアをお聞きいただくというような企画です。
西山広志さんと村松雄寛さんにコーディネーターを務めていただき、トークショーのような和やかな雰囲気の中で話を展開していただきます。
来場者とも一体になるようなざっくばらんなトークイベントですので、ぜひ、お気軽にいらっしゃってください。

 

日時:10月13日(木)18:00開場 18:30開演
会場:D&DEPARTMENT OSAKA 3F ダイニング
参加費:¥1,000- (1ドリンク付)

http://90.aaf.ac/

「空き家再生スクール」報告会を開催いたします

September 14, 2016

「空き家再生スクール」報告会を開催させていただきます。

今夏、アッセンブリッジ・ナゴヤ2016の関連プロジェクトとして「空き家再生スクール」を開催させていただきました。
戦後まもなく寿司屋として建てられ、約20年間空き家となっていた建物を、プロの大工さんを講師としてお招きし参加者と共にスクールを通して、もう一度使える状態に再生させました。
そのプロセスにおいて、予期せぬいくつもの難題にぶちあたり、思案を重ね一つ一つ乗り越えていくといった汗と涙の物語がありました。そんなお話をさせていただきます。
また、空き家再生のノウハウ、空き家再生が陥るワナ、空き家再生の意義と展望についてお話させていただけたらと考えています。

お時間がございましたら、ぜひいらっしゃってください。

 

日時:2016年10月15日19時30分~

ゲスト:藤尾 篤(構造家)、小縣章浩(株式会社丸協小牧支店長)
聞き手:米澤 隆(建築家)
会場:港まちポットラックビル1F(〒455-0037名古屋市港区名港1-19-23 名古屋市営地下鉄名港線「築地口駅」2番出口より徒歩1分)
定員:30名(予約不要)
参加費:500円(1ドリンク付き)

HP:http://assembridge.nagoya/1252.html

 

空き家再生スクールを取り上げていただいた記事
http://www.homes.co.jp/cont/press/reform/reform_00398/

 

 

また、再生された建物(旧・潮寿司)は、2人組のアーティスト「L PACK」が「空き家再生スクール」から引き継いで空間づくりを行い、「UCO」としてアッセンブリッジ・ナゴヤ2016の会期中人びとが集うカフェスペースとなっています。合わせて、実際に訪れてみてください。
http://assembridge.nagoya/1203.html

Assembridge NAGOYA(アッセンブリッジ・ナゴヤ)2016 プレイベント開催いたします

February 27, 2016

アーキテクトという立場で参加させていただいている「Assembridge NAGOYA(アッセンブリッジ・ナゴヤ)2016」のプレイベントが2月26日から3月27日まで開催されます。
名古屋港界隈に点在する空き家、空き店舗などを会場としアーティストが作品展示や表現活動を行う。
日頃はコンサートホールで演奏されることの多いクラシック音楽が、名古屋の港まちへ飛び出し、まちのあちらこちらでコンサートが開催される。
僕は、各々の会場構成をサポートし、それぞれの間に関係を構築する立場ではあるが、各アーティストのピュアな表現活動を建築を介してある種の読み換えを行い、まちがもつ文脈に結び付けることで、一過性のイベントで終わることなく、少しずつでも町や生活が変わり続けてゆく状態を生み出し、積み重ねの先に一つ一つは小さいかもしれないがそれらがネットワークを結び、まちをアップデートさせることができないかと考えている。

 

昨夜、永らく空き家だった建物に20年ぶりに明りが灯った。
明りの中で人々が談笑する姿に、数十年前の在りし日の光景が重なってみえるようであった。
人々が路上に溢れ、お酒を片手にアート作品を巡り夜の町をそぞろ歩いた体験はなんとも言えなかった。

3月27日まで開催されています。
ぜひ、足を運んでいただけましたらと思います。

 

http://www.mat-nagoya.jp/archive_exhibition/801.html

「空き家再生スクール」開講いたします

June 24, 2016

アッセンブリッジ・ナゴヤ2016の関連イベントとして「空き家再生スクール」を開講します。

現在、日本国内には約820万戸もの空き家が存在しており、大きな社会問題になっています。
プロの大工さんを講師としてお招きし、港区に建つ実際の空き家を対象に、実践を通した空き家再生のノウハウを学ぶスクールを開講します。


家づくり体験を通して、木造建築の仕組みを理解できたり、DIYや日曜大工にも役立つ職人技が習得できたり、なによりも何十年もの間、空き家であった建物が町の中に生きる存在として再生されるプロセスに参加しその意味を実感していただくことに多くの学びがあると考えます。


もちろん未経験者でも大歓迎です。全7回講座です。興味のある方は1日からでもご応募ください。

米澤隆建築設計事務所はコーディネーターとして関わらせていただいております。

 

「アッセンブリッジ・ナゴヤ2016」は、名古屋の港まちで9月22日~10月23日まで開催される、音楽とアートのフェスティバルです。 いつもの「まち」を舞台にして、世界的なクラシック音楽や現代アートの数々が登場し、人々や風景とまざり合います。この秋、音楽とアートによって世界につながる港まちにご期待ください。


旧・潮寿司は、アッセンブリッジ・ナゴヤ期間中にアーティストユニットLPACKがプロジェクトを行う予定です。

北海道卒業設計合同講評会のお知らせ

January 29, 2016

北海道卒業設計合同講評会の審査員を務めさせていただきます。

 

日時:3月12日(講評会当日)、13日(展示のみ)
場所:遠友学舎
審査員:五十嵐淳、西田司、増田信吾、米澤隆

 

審査させていただく側としても楽しみな顔ぶれ。アツい会になること必至。
ぜひ、エントリーして参加してください。
どのような作品と建築学生に出会えるのか楽しみにしております。

 

http://hokkaidogumi.com/?p=1165

「日経アーキテクチュア 2016年1月28日号」に掲載いただきました

January 27, 2016

「日経アーキテクチュア 2016年1月28日号」に私どもが設計、監理いたしました「白と黒の家」を掲載いただきました。
伝統的な民家の空間形式である田の字プランの現代的なバージョンアップであるという観点から紹介いただいております。

ご高覧いただけましたら幸いです。

500m美術館vol.13 Sapporo Section : Architecture『美術と建築、これからの札幌』展 開催いたします

October 10, 2014

札幌大通地下ギャラリー500m美術館で『美術と建築、これからの札幌』展に招待出展しております。

お時間のある方は是非お越しください。

 

[開催概要]

会期:2014年10月11日(土)〜1月23日(金)

時間:7:30〜22:00(最終日のみ17:00まで)

会場:札幌大通地下ギャラリー500m美術館

住所:札幌市中央区大通西1丁目〜大通東2丁目 (地下鉄大通駅と地下鉄東西線バスセンター前駅間の地下コンコース内)

主催:創造都市さっぽろ・国際芸術祭実行委員会

協力:NPO法人歴史的地域資産研究機構、北海道組

 

【出展建築家】

アトリエブンク

岩瀬諒子/植村遥

小澤丈夫研究室

川人洋志研究室

隈研吾建築都市設計事務所

田川正毅研究室

中村竜治

藤村龍至研究室

北海道日建設計

増田信吾+大垣克亘/石山和広

森傑研究室

山田深研究室

山田良研究室

米澤隆

米田浩志研究室

 

http://500m.jp/exhibition/3107.html

中国の建築雑誌「時代建築」に福田邸とインタビューを掲載いただきました

December 26, 2015

中国の建築雑誌「時代建築」に福田邸とインタビューを掲載いただいた。
東南大学の唐教授に来日いただき福田邸をご覧になり直接お会いして取材していただいただけあって、日本における建築の状況、背景となる思想なども丁寧に取り上げられた濃密な内容になっているのではないかと思う。ありがたい。願わくば、中国の人々がどのような感想を抱くのかを知れたらと思うのだが、
ちなみにこの「時代建築」は、中国において、建築作品を掲載されることが論文1本分に値するというほど由緒ある建築雑誌であるとのこと。

「キルコス国際建築設計コンペティション2015」の審査講評が建築系ラジオより配信されております

December 25, 2015

審査員を務めさせていただきました「キルコス国際建築設計コンペティション2015」の審査講評が建築系ラジオより配信されております。
受賞者のみなさん、おめでとうございます。

http://architectural-radio.net/archives/151225-13615.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

「Architekton中部」に掲載いただきました

December 18, 2015

「Architekton中部」の栄えある創刊号に巻頭企画「いま、考えていること」として私の建築に関する理念、作品などを特集いただいております。
お手に取っていただけましたら幸いです。

「キルコス国際建築設計コンペティション2014」が出版されております

December 18, 2015

審査員を務めさせていただきました「キルコス国際建築設計コンペティション2014」が書籍としてまとめられ出版されました。
金賞、銀賞、銅賞、佳作の受賞各作品に対する講評、記念シンポジウムの内容など掲載いただいております。ご高覧いただけましたら幸いです。

「SD2015」に「空き家再生データバンク」を掲載いただいております

December 18, 2015

「SD2015」にSDレビュー2015入選作品である「空き家再生データバンク」を掲載いただいております。

ご高覧いただけましたら幸いです。

中国上海の同済大学にて特別講演会を開催させていただきます。

October 23, 2015

中国上海の同済大学にて特別講演会を開催させていただきます。


11月2日にお近くにいらっしゃった際はお立ち寄りいただけましたら幸いです。
社会背景も歴史的経緯も異なる国で僕の建築に対する取り組み、思想がどのように受け止められるのか。

思いっきりぶつかっていこうと思います。

「大人の名古屋 vol.32」に掲載いただきました

October 05, 2015

「大人の名古屋 vol.32」にあなたと家族の想いを叶える、家づくり参考書、理想のわが家として、私どもが設計いたしました「福田邸」を掲載いただいております。

 

書店、コンビニなどで見かけられた際にはお手にとっていただけましたら幸いです。

 

詳しくはこちら

「SDレビュー2015入選展 記念シンポジウム」が開催されます

October 02, 2015

​SDレビュー2015入選展、記念シンポジウム「建築がたちあがる時ー入選者と審査員が語る」が明日10月4日14時から京都工芸繊維大学で開催されます。

登壇させていただきますのでお時間がございましたら、ぜひご来場いただけましたらと思います。


http://www.museum.kit.ac.jp/20150928s.html

○開催期間:2015年9月28日(月)から10月12日(月・祝)まで
○入館料無料
○入選者
石川雄一┼釜萢誠司┼佐藤貴洋┼三宅祥隆 / 伊藤立平 / 伊藤博之┼上原絢子┼高塚加奈子 / 伊庭野大輔┼藤井亮介┼沼野井諭 / 大月敏雄┼冨安亮輔┼齋藤隆太郎┼川上咲久也┼紺野光 / 片山馨介 / 川原達也┼エレン・クリスティナ・クラウゼ / 川人洋志 / 小嶋伸也┼小嶋綾香 / 佐々木翔 / 福島慶介┼山雄和真 / 山中コ~ジ┼山中悠嗣┼山下麻子┼中田光輝┼吉松静香┼満田衛資 / 山本周 / 米澤 隆 / アンシ・ラッシラ┼山口一紀
○審査員
木下庸子(建築家、工学院大学教授) 
安田幸一(建築家、東京工業大学教授)
曽我部昌史(建築家、神奈川大学教授)
岡村仁(構造家)
○アドバイザー
槇文彦、鹿島昭一

◎関連企画
京都展シンポジウム
「建築がたちあがる時ー入選者と審査員が語る」
2015年10月4日(日)  14:00 - 17:00 (開場13:30)
@京都工芸繊維大学 60周年記念館
○パネリスト
【審査員】
安田幸一
曽我部昌史
岡村仁
○司会
松隈洋(京都工芸繊維大学 美術工芸資料館 教授)
○参加費 無料
○定員 180名
○申込不要(当日先着順)
○主催
鹿島出版会
○京都展共催
京都工芸繊維大学
○後援
朝倉不動産株式会社
○協賛
鹿島
○HP
http://www.kajima-publishing.co.jp/sd2015/

スタジオデザインミックスにおいて講演会を行います

August 18, 2015

スタジオデザインミックスにおいて藤尾篤氏と講演会を行います。

意匠設計の立場、構造設計の立場から多角的なお話ができたらと思います。​

皆様お誘いあわせの上是非お越しください。
お申し込みは名前、年齢、所属を明記の上studio-design-mix@dix.ne.jpまでお送りください。

日時:2015年8月21日 19:00-22:00

場所:スタジオデザインミックス 愛知県名古屋市中区大須1-8-34

プレゼンター:米澤隆、藤尾篤

http://t.co/n7XW9O8JYt

「SD Review2015」に入選いたしました

August 04, 2015

SDレビューに入選いたしました。


「空き家再生データバンク」と題した、リノベーションの手法を収集し、分析することによりデータバンクを作成し、日本全国に存在している空き家にアイディアの種を循環させることで新陳代謝を取り戻させ、生きている状態に再生させようとするプロジェクトです。

若手の登竜門といわれ、これまでに世界的建築家を幾人も輩出し、その発表の場となってきたSDレビューで、私どもの取り組みが評価いただけたことは、大きな後押しになり、広く発表できる機会ともなるので、ありがたい限りです。

9/9から9/20まで代官山ヒルサイドテラスにて、9/28から10/12まで京都工芸繊維大学にて、展覧会が開催されます。
ぜひ、いらっしゃっていただけましたらと思います。

「月刊ハウジング2015年9月号」に福田邸が掲載いただきました

August 02, 2015

月刊ハウジング9月号に、子どもたちがはしゃぐ家として「福田邸」が特集いただいております。

 

竣工から約二年、建築と生活が相まった幸福な関係が伝わる掲載になっております。

ご高覧いただけましたら幸いです。 

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/DetailZasshi?refShinCode=0900000004910175370951&Action_id=101&Sza_id=RR

英国の建築雑誌The Architectural Reviewの7月号に掲載いただいております

July 28, 2015

わたくしどもが設計いたしました「福田邸」がAR House Awardsのshortlistに入り、

英国の建築雑誌The Architectural Reviewの7月号に掲載いただいております。


ご高覧いただけましたら幸いです。

http://t.co/QlYgGqUJ4S

「複雑化する社会と開かれた設計手法」レクチャー開催いたします

September 28, 2016

名古屋大学ES総合館で開催されます、設計のプロセス論「複雑化する社会と開かれた設計手法」と題したレクチャーイベントに、白須寛規さんと共に登壇させていただきます。お時間がございましたら、ぜひ、お越しください。

 

http://www.jia-tokai-aichi.org/cms/2016/09/30/2541

JIA愛知地域会事業イベント
「地域が建築に求めるもの」
 
<概要>
趣旨:建築を実際に利用するユーザーの声を、設計者がどのように反映できるかを考えるための開かれた場をつくりたいと考えます。地域のまちづくりを牽引する有識者とのディスカッションをおこなうことで、広く設計者が情報や思想を共有し、まちづくりに関わる人々とJIAをつなぐ活動であり、コンペやプロポーザルの作成/実施段階から設計段階、そして完成後の運営段階などの一連のプロセスを通して考えることからみえる建築の問題点や可能性を発見できればと思います。
 
日時:2016年9月30日(金) PM18:30~PM20:30
パネリスト:白須 寛規 (design SU)、米澤 隆(米澤隆建築設計事務所)
会場:名古屋大学ES総合館 4階建築学科講評室
参加費(資料代):一般(JIA会員含む)1,000円 学生100円

JIA東海住宅建築賞2015 表彰式・講演会・シンポジウムを開催いたします

October 09, 2015

JIA東海住宅建築賞2015、表彰式・講演会・シンポジウムが明日10月10日14時から名古屋大学ES総合館ESホールにて開催されます。受賞者として登壇させていただきます。お時間がございましたら、ご来場いただけましたら幸いです。

新建築2015年7月号に掲載いただきました

July 01, 2015

新建築2015年7月号に【特集】emerging projects 2015として、私どもが設計を進めております「スタディハウス」を掲載いただいております。
合わせて、「多義的な建築が可能にするマルチエンディング」という論考を寄稿させていただきました。
ご高覧頂けましたら幸いです。

http://www.japan-architect.co.jp/jp/backnumber/book.php?book_cd=101507

「建築設計01」に「浮遊する「私」と文脈になる建築」と題した文章を寄稿させていただきました

May 31, 2015

日本建築設計学会の機関誌である「建築設計01」に「浮遊する「私」と文脈になる建築」と題した文章を寄稿させていただきました。ご高覧いただければ幸いです。

http://www.adan.or.jp/publication/newsletter/35

4×4 / Under40 Over40展が開催されます。

May 19, 2015

いよいよ明日から4×4 / Under40 Over40展が開催されます。

ぜひ足をお運びいただき、ご高覧いただけましたらと思います。
http://www.adan.or.jp/under40over40.html

【出展者】 
[Over40]芦澤竜一、竹口健太郎+山本麻子、平田晃久、藤本壮介 
[Under40]畝森泰行、大西麻貴+百田有希、増田信吾+大坪克亘、米澤隆 
+竹之内芙美、冨永美保、西尾圭悟、西原将(文章で出展) 

展覧会コミッショナー:竹山聖 
会場構成:西尾圭悟 

【開催情報】 
会期:2015年5月21日(木)― 5月26日(火) /会期中無休 
開館時間:11 :00 - 18 :00 入場無料 
会場:ASJ UMEDA CELL 梅田阪急ビルオフィスタワー24F 
主催:一般社団法人 日本建築設計学会(ADAN) 
協賛:アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社 

【出展者によるトークイベント】 
「建築設計のこれからをめぐって」 
2015年5月24日(日)13:00― 
会場:展覧会会場内 
ゲスト:芦澤竜一、竹口健太郎、平田晃久、畝森泰行、米澤隆 
コーディネーター:倉方俊輔 

展覧会における表現の方法はどうあるべきか、毎回、頭を悩ませ、これまでもその展覧会の性質に合わせ様々な表現を試みてきたが、今回、考えに考えた末に出した答えはとてもスタンダードなものだった。建築を建築として見せる。
抽象、具象ということが僕たちが考える建築の主題の一つである以上、展覧会だからといって抽象化して表現をすることは、本質をズレさせてしまう恐れがある。周辺との関係、素材、スケール、人と空間の応答、それらの組合せにより生まれる建築という一現象をできる限りそのままに持ち運ぼうと試みた。
それに加え、建築作品の一つ一つに通底する理念として、10の言葉から構成される小冊子を作成した。

現時点における等身大の展示である。ぜひともご鑑賞いただき、ご感想などいただけたら幸いである。

「SD Review2014」に入選いたしました

August 31, 2014

鹿島出版会主催『SD Review2014』において「つくると生まれるの間」が入選いたしました。9月10日から10月13日まで東京と京都で展覧会が開催されます。

 

 

[東京展]

会期:2014年9月10日[水]〜9月21日[日]

   12:00〜19:00(最終日は16:00まで)

   会期中無休

会場:代官山ヒルサイドテラスF棟 ヒルサイドフォーラム

   東京都渋谷区猿楽町18-8

 

[京都展]

会期:2014年9月27日[土]〜10月13日[月・祝]

   10:00〜17:00(入館は16:30まで)

   会期中無休

会場:京都工芸繊維大学 美術工芸資料館

   京都府京都市左京区松ヶ崎橋上町

シンポジウム:「入選者と審査員に話を聞く」

http://www.museum.kit.ac.jp/20140927.html

日時 10月5日(日)14:00〜17:00

会場 京都工芸繊維大学60周年記念館

 

【出展建築家】

赤池一仁+石井義章+齊藤彰吾+弘中敏之+LAPULAPU

浦 俊弥+渡部良平

神谷勇机+石川翔一

久野浩志

?原次郎兵衛正伸+ヒマコ

千田 藍+千田友己

茶谷明男+大石卓人+松浦勇一+藤 晴香+伊藤周平

陶器浩一+永井拓生+滋賀県立大学陶器・永井研究室

西田 司+岩崎 修+勝 邦義

浜田晶則+斎藤 遼

平瀬有人+平瀬祐子+森部康司

宗本晋作+菊池達哉

山口陽登+白須寛規

米澤 隆

米花智紀+米花真弓

 

 

http://www.kajima-publishing.co.jp/sd2014/

住宅特集2014年8月号に『AAA30s展』のレポートが掲載いただきました

July 24, 2014

5月に開催しました展覧会『AAA30s-住まいが風景をつくる-』のレポートが新建築社出版 住宅特集2014年8月号に掲載頂いております。

 

http://www.japan-architect.co.jp/jp/backnumber/book.php?book_cd=201408

「住まいが風景をつくる」展に米澤隆が招待出展

May 19, 2014

日時 : 2014.5.25(日)~ 2014.6.1(日) 11:00-18:00
会場 : ギャルリhu: http://galleryhu.com/ 〒461-0003 名古屋市東区筒井 3-22-2
入場 : 無料


【記念シンポジウム】
日時:2014.5.24(土) 13:30OPEN、14:00START
場所:名古屋工業大学51号館(定員250名、先着順)
ゲスト:五十嵐太郎(東北大学大学院教授)司会:吉元学(WORK・CUBE)

【出展建築家】
北川 啓介+北川 珠美(北川建築研究所)/栗原 健太郎+岩月 美穂(studio velocity)
佐々木 勝敏(佐々木勝敏建築設計事務所)/中渡瀬 拡司(CO2WORKS)
堀内 功太郎(堀内功太郎建築設計事務所)/間宮 晨一千(間宮晨一千デザインスタジオ)
諸江 一紀(諸江一紀建築設計事務所)/吉村 昭範+吉村 真基(D.I.G Architects)
米澤 隆(米澤隆建築設計事務所)

『第5回 建築コンクール 翔んでる建築』佳作受賞

January 24, 2014

公益社団法人愛知建築士会名古屋北支部主催『第5回 建築コンクール 翔んでる建築』において
「Glass Pavilion」が佳作を受賞致しました。

Casa BRUTUS 2014年 02月号に福田邸が掲載

January 09, 2014

マガジンハウス出版「Casa BRUTUS 2014年02月号」に「福田邸」を掲載いただいております。しかもなんと表紙!
何度も何度も検討を重ね、丁寧につくりあげた作品です。ご高覧いただけましたら幸いです。

『福田邸』オープンハウス開催

October 13, 2013

この度、私どもが設計監理しておりました住宅『福田邸』が完成いたしました。
お施主様のご厚意により、見学会を行う運びとなりましたのでご案内申し上げます。
遠方ではありますが、是非足を運んでいただき、ご感想をお聞かせいただければ幸いです。
お越しいただける場合にはお手数ですがお名前、人数、連絡先をメールにて事前にお知らせください。
案内図を送付させていただきます。皆様のお越しをお待ちしております。


[ 詳細 ]
日時:2013年10月26日(土)・27日(日) 11:00-17:00
場所:岐阜県関市

注意事項
□お越しいただける場合は事前にメールにてお知らせください。
□引渡し前ですので、スリッパ・手袋をお持ちください。
□設備機器の使用はご遠慮ください。
□駐車場はございません。公共交通機関または有料駐車場をご利用下さい。

設計監理:米澤隆建築設計事務所(米澤隆、川口峻)
構造設計:藤尾建築構造設計事務所
設計協力:米ゼミ(福島英和、坂口都、佐野智哉)
施  工:丸長ホーム

「建築の解体」がNADiff愛知にて販売開始

August 31, 2013


アクセサリーデザイナーFillyjonkと米澤隆によるコラボレーション作品「建築の解体」がNADiff愛知にて販売されます。
[NADiff aichi]
愛知県名古屋市東区東桜1-13-2
愛知芸術文化センターB2
営業時間10:00-19:00(金-20:00、土日祝-18:00)
月曜定休(祝日の場合は翌日休)
但し8/12,26,10/15,21は特別営業日(10:00-18:00)
イベント詳細:http://www.nadiff.com/fair_event/NA_fillyjonk.html
fillyjonk(フィリフヨンカ)のHP:http://www.fillyjonk.com/

タイのチュラロンコン大学にて米澤隆による建築レクチャー開催

July 31, 2013

タイのチュラロンコン大学にて増田信吾+大坪克亘と米澤隆による建築レクチャー
「CU.Emerging architecture 2013 episode1:The emerging architecture in japan」が開催されます。

日時 : 2013年8月16日(金)17:00-19:00
会場 : チュラロンコン大学メインオーディトリアム
主催 : チュラロンコン大学
連絡先:cu.emerging.ar@gmail.com
出演 : 増田信吾+大坪克亘、米澤隆

住宅特集2013年6月号にGlass Pavilionが掲載

May 31, 2013

新建築 住宅特集2013年6月号にGlass Pavilionが掲載頂いております。

三重大学にて米澤隆の建築レクチャー開催

April 09, 2013

三重大学にて米澤隆の建築レクチャーが建築学生団体ASITにより開催されます。


日時 : 2013年4月20日(土)第一部10:00-12:00 第二部13:00-17:00
主催 : 建築学生団体ASIT
会場 : 三重大学レーモンドホール
皆様お誘い合わせの上ぜひご参加ください。
詳細:http://asitxmie.jimdo.com/lecture/%E7%AC%AC%E5%9B%9B%E5%9B%9E-hap-%E7%B1%B3%E6%BE%A4%E9%9A%86%E6%B0%8F/

宮城大学の機関誌「DECADE+6」発行

March 31, 2013

宮城大学 事業構想学部 デザイン情報学科 空間デザインコースの機関誌「DECADE+6」が発行されました。

建築卒業設計展 dipcolle 2013において米澤隆が審査員を務めさせていただきます

March 14, 2013

建築卒業設計展 dipcolle 2013において米澤隆が審査員を務めさせていただきます。
日時 : 2013年3月17(日) 10:00-
主催 : dipcolle
会場 : 名古屋市立大学 千種キャンパス
司会 : 五十嵐太郎
審査員:家成俊勝、遠藤幹子、藤村龍至、米澤隆

詳細:http://www.dipcolle.net/

「U30 Young Architect Japan」展、開催記念対談イベント開催

March 04, 2013

「U30 Young Architect Japan」展、開催記念対談イベントが開催されます。
日時 : 2013年 3月 8日(金)17:00 - 20:30
対談 : 米澤隆(最優秀賞) 久保秀朗(優秀賞)、増田信吾+大坪克亘(優秀賞)
モデレータ : 倉方俊輔(建築史家)
会場 : AGC studio 2F セミナールーム 
入場 : 無料
定員 : 70名(事前申込制・先着順)

詳細:http://agc.aaf.ac/exhibition/2012index.htm
 

アクセサリーデザイナーFillyjonkと米澤隆によるトークショー開催

February 28, 2013

re:Li にてアクセサリーデザイナーFillyjonkと米澤隆によるトークショー開催されます。


日時 : 2013年3月02日(土)20:00-
主催 : Fuligo
会場 : カフェre:Li 
住所 : 名古屋市中区栄1丁目25-5 仲ノ町公園南ビル1.2f 
入場 : ¥ 1,500
詳細:http://fuligo.jugem.jp/?eid=176