Copyright © Takashi Yonezawa Architects All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

アッセンブリッジ・ナゴヤ2017

October 13, 2017

 

 

名古屋の港まち(名古屋港~築地口エリア)を舞台としたクラシック音楽と現代美術のフェスティバル「アッセンブリッジ・ナゴヤ2017」が、2016年に続き今年もいよいよ明日10月14日(土)から12月10日(日)まで約2ヶ月に渡って開催される。


コンサートホールや美術館ではなく、町中に音楽やアートが飛び出し、港まちのあちらこちらで同時多発的にアート展示や音楽演奏会が行われる。

 

この町がまだ産業港だったころ、町の人々に愛され賑わっていたであろうが、その役目を終え、ながらく眠りについていた寿司屋、税関寮、接骨院、文具店、ボタン店、染物店、喫茶店などの建物が長い時を超え、新しい息吹が吹き込まれ、音楽やアートの会場となる。


もちろん現役ばりばりに町の人のみならず、この町を訪れる人も含め、その生活を支えている水族館、寺、神社、酒店、うどん屋、珈琲店、ポートハウス、ポートビル、文化小劇場などの建物も会場となっている。


町と音楽、町とアートが出会う。

これぞフェスティバル(祭り)。

日常の風景が音楽やアートというフィルターを通して違った見えかたをする。

もちろん音楽やアートだって、この町に色付けられ、違った聞こえ方や違った見え方をみせる。
非日常のフェスティバル(祭り)だからこそ、町の使われ方、建物の使われ方が実験的であることができ、日常の風景をいつもとは違うものとして見せることができる。
そこに、これから先のこの町のあるべき姿のヒントが見えるといい。
一方で、この町のビジョンを語るには、そこに住まう人々と二人三脚であらなければならない。
その役目をアッセンブリッジ・ナゴヤ2017の関連プロジェクトとして立ち上がった「みなとまち空き家プロジェクト」が担ってくれるのではないかと期待している。

 

米澤はアッセンブリッジ・ナゴヤ2017のアーキテクトを、米澤隆建築設計事務所は「みなとまち空き家プロジェクト」の企画・監修を務めさせていただいています。
ぜひ、音楽を、アートを、港まちを、楽しみに来てください。

 

会期:2017年10月14日〜12月10日(会期中の木、金、土、日開催)
会場:港まちポットラックビル、旧名古屋税関寮、ボタンギャラリー、旧潮寿司、名古屋港ポートビルほか

詳細:http://assembridge.nagoya/

 

★みなとまち空き家プロジェクト★

米澤隆建築設計事務所(企画・監修) /NAGOYA Archi Fes 2018
Twitter|https://twitter.com/MAPNAF

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

みなとまち空き家プロジェクト「DIYスクール」

January 24, 2019

1/10
Please reload

最新記事

November 11, 2018

November 6, 2018

Please reload

アーカイブ